- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

【ファッション編】 「ミニマリストに10の質問」にお答えしてみる。2

ミニマリストに10の質問の答え、こちらの記事の続きです。

 

hikaru-sakura-saku.hatenablog.com

 

 

ではさっそく続きです。

 


4、クローゼット整理で一番難しいこととその理由は?

好きな服・着たい服だけど、着る頻度の少ない服を手放すかどうかの選択。

 

着る頻度が少ないということは、どこかに「イマイチだなー」と思える理由があるはず。それを探すのが大変です。

考えるのも、実際に手放す決断をするのも、どちらも時間がかかります。

 

関連記事:

【ワードローブ】たかが断捨離した服、されど断捨離した服

【ワードローブ】あったら便利=なくても平気

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

5、最近手放した服とその理由は?

赤いざっくりニット

 

買ったのは2013年の秋ごろにGUで。

微妙な色合いがとても気に入って愛用していました。

いま着たいサイズ感とは違っていたので今季はほぼ登場せず…まだ状態は良いものの、気持ちの上では着倒した感も充分にあるので断捨離対象となりました。

 

関連記事:

トップスの公開。ニット編 。

 

 

6、憧れのファッションアイコンは?どんな所が好き?

  • ジェーン・バーキンさん
  • 全盛期の浅野温子さん、山口智子さん

 

いずれの方々も、

ノーメイク

白シャツ

Tシャツ

デニム

のイメージです。

 

どれも私の好きなアイテム。

 

ファッションに飾り気がなくても魅力的なのは、やっぱり中身なんだろうなぁ~。憧れます。

 

関連記事:

永遠の白シャツ。

 

 

あと番外編で、萬田久子さんも好き。

 

前述の方々と対照的に、萬田さんはセクシー&ゴージャス&ラグジュアリーなイメージですが、本当に好きな服しか持っていないと断言していらしたのが印象的でした。

 

ファッションそのものは目指すところとは異なりますが、そのポリシーというかスタイルがカッコ良くてとても好きです。

 

関連記事:

ミニマリストと、女優・萬田久子さんの意外な共通点

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

6、オシャレの参考にしているものは?

ファッション誌

 

ちょっと意外かもですがファッション誌は買います。大抵は春と秋の2回ほど。

どの雑誌とは決めず、書店で直接、その時に欲しい情報が掲載されている雑誌を選んで買うことにしています。

 

参考にするのは主に、シーズンごとのトレンドと色使い。

 

例えば「オフタートルのざっくりニット」が欲しいと思っていても、それがトレンドと異なる場合は選択肢が少ないのです。でも、今季のようにそれがトレンドである場合は色や素材なども含めてたくさんの選択肢が出てくるのです。

 

トレンドのアイテムは市場にたくさん出回るため、自分が探していたアイテムと重なるときは本腰を入れて探すようにしています。

 

 

長くなりました。もう1回だけ続きます!

よろしければお付き合いください。

 

 

▼ミニマリストさんたちの集まるトラコミュはこちら。

シンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

少ない服で着回す

持たない暮らし

捨てても、大丈夫だったもの。