- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

メイク用品の公開 ver2-4。アイメイクは3つだけで完成させる。

f:id:hikaru-sakura-saku:20151023210314j:plain

 

こんにちはーひかるです。

今日は目元のアイメイク用品のビフォーアフターをご紹介します。

 

関連記事:

メイク用品の公開 ver2。さらに厳選して残した18個のモノたち。

 

では比較画像です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

Before 2014年12月 6個

メイク用品の公開 ver1。メイク好きの専業主婦が愛用しているモノたち。

f:id:hikaru-sakura-saku:20151023190349j:plain

 

 After 2015年10月 3個

f:id:hikaru-sakura-saku:20151019121119j:plain

 

6個→3個まで減りました。

 

 

手放したもの

  • アイライナー

ブラウンのリキッドタイプのもの。

使いやすかったのですが時間がたつと落ちてきてしまうため、あまり使わなくなっていきました。ポーチの肥やし状態だったので処分。

 

  • クリームシャドウ(ホワイト系)

下まぶたに細ーーくのせて涙袋メイクに使っていましたが卒業することに。

 

  • アイシャドウ(ブラウン系)

ジルスチュワートのアイシャドウ。購入から数年たっており、状態が気になったため処分。パール感がやや強めですが、ブラウンのグラデーションで使いやすくて気に入っていました。

 

  • アイシャドウ(グリーン系)

 春っぽいカラーがほしくて挑戦しましたが、カラーシャドウの使い方が一向に上達せず、派手目になりがちでした…。色自体は好きですが、あまり使わなさそうなので処分。

 

 

買い替えたもの

  • アイシャドウ(ブラウン系)

CAN MAKEのプチプラ品。前述のジルスチュワートからの買い替えです。

ブラウングラデの色味がジルとほぼ同じで、パール感がこちらの方が控えめなのも選んだ理由。容器自体もコンパクトで場所も取りません。

 

 

使い続けたいもの

  • マスカラ

マスカラは絶対にフィルムタイプ・繊維なし・黒というのがこだわりです。

メーカーやブランドは特に気にせず、買い替え時期に気になったものを買うことが多いです。100円ショップで買ったマスカラもよく使います。

 

関連記事:

【実用品で節約!】100円均一ショップで買って良かった物まとめ

 

  • マスカラコーム

マスカラ塗るならコームは必須。このコームは目の細かい金属歯なので、マスカラでくっついたまつ毛をキレイにセパレートしやすいです。

これの前は100円ショップのものを使っていましたが、壊れてしまったタイミングでこちらに買い替えました。

 

 

おまけ

以前はつけまつげとか使ってた時代もありましたが、まつ毛が濃くて長ければ魅力的な目元に見えると気づいてからは、まつ毛の育毛をしています。

 

関連記事:

【比較画像あり】これは伸びる。確実に効果のあるおすすめまつ毛美容液

 

まつ毛がふさふさになったおかげでメイク用品をだいぶ減らせたのだと思います。

 

 

まとめ:なりたい目元を考えるのも近道。

アイメイクは凝りがちだったんですが、自分は自分の目をどう見せたいのか?と考えると答えは簡単でした。

 

私の場合、目を大きく見せたいという希望以上に、まつ毛を濃く長く、横顔や伏し目がちの表情が美しく見える目元にしたい、という希望が強くあります。

 

そのためにまつ毛を育毛して、マスカラをつけたら丁寧に梳かして…とまつ毛に特化したアイメイクに落ち着くことになりました。

 

どうしても凝りがちなアイメイクですが、顔の中で最も目立つパーツだからこそ自然に仕上げることも大切だなって思います。