- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

メイク用品の公開 ver2-2。チークの目的はシンプル。本当に似合う色さえあればいい。

f:id:hikaru-sakura-saku:20151019160352j:plain

 

こんにちは~!

今日はチークの公開&過去との比較をしてみたいと思います(^^)

 

関連記事:

メイク用品の公開 ver2。さらに厳選して残した18個のモノたち。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

Before 2014年12月 4個

メイク用品の公開 ver1。メイク好きの専業主婦が愛用しているモノたち。

f:id:hikaru-sakura-saku:20141210134934j:plain

 

 

After 2015年10月 2個

f:id:hikaru-sakura-saku:20151019121109j:plain

 

Before画像の左の2個を手放し、現在は手元に2個だけ残しています。

 

 

手放したもの

  • 淡いピンクのチーク

ジルスチュワートの商品、何度かリピートして気に入ってた色味でした。パールで艶感が出る質感もとても気に入っていました。ただ、年齢のせいかここ数年は合わないと感じて使わなくなってしまったので処分しました。

 

  • 濃いピンクのチーク

MACのものでパッと見は派手なピンクなんですが、肌に乗せるとそうでもないという不思議なチークでした。ですが、後述の赤いチークを手に入れてからこちらは使う回数が激減…ということで知人へ譲りました。

 

 

今後も使い続けたいもの

  • 赤いクリームチーク

ボーイッシュな服装の時などはメイクを女性らしくしたいのでこちらを使います。薄ーーーくつけると蒸気したような肌が作れます。

 

  • コーラルピンクのクリームチーク

こちらは自分の肌色に血色を足してくれる色味で、ごく自然に顔色が良くなります。最終的にひとつだけ残すとしたらこちらでしょうか。

 

上記の手元に残したクリームチークは両方ともCAN MAKEです。

手放したパウダーチーク2個は色味が合わなくなったこともありますが、実は、クリームチークだけを残した理由は他にもあります。

 

 

ブラシの管理が必要ない。

そう、パウダーのチークだとね、ブラシが必要なんですよね。

つまりチークを1つしか持たないとしても、チーク+ブラシの2つが必要になります。ついでにブラシを洗ったり収納したりと管理する必要もある…。

 

クリームチークは指で肌にのせるものなので、付けた後は指をぬぐうだけ。そんな簡便さもあって使用頻度も上がっていきました。

あと、クリームチークはリップカラー代わりにも使えたりします(少々パサつきますが)。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ:似合う色さえあればいい。

私にとってチークを付けるのは顔に血色を加えるため・立体感を出すためというのが本来の目的です。

 

以前は、洋服の色に合わせて・なりたいイメージに合わせて、とチークを何色もそろえていた時期がありました。それを使用頻度の低いものから少しずつ減らし、4つを経て今は2つ。

目的を果たすことだけをシンプルに考えたら、もう似合う色さえあればいいと思うようになりました。

チークは付ける濃さ、位置、形を変えるだけでだいぶ印象が変わります。これからは一番似合う色だけを、付け方の変化で服装やイメージに合わせていきたいと思います(^^)

 

★参考にし ているトラコミュです★
コスメ全般(コスメティック/化粧品)

シンプル・ミニマムライフの美容と健康

捨てても、大丈夫だったもの。