- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

理想を決めて、目標に向かって進むのが近道ってだけ。

9月に入ってから、洋服の処分を積極的にすすめていました。

 

かれこれ20枚ちかくは処分したでしょうか。

もちろん衣替えをふまえてのことですが、肌着等を含めてとはいえ処分が多すぎることに反省しています。

 

 

f:id:hikaru-sakura-saku:20150916201744j:image

 

 

服を減らす、厳選する、と決めてから、買う回数は減ったという自負がありますが、その一方で処分する数は増え続けてもいました。

 

これはつまり、手に入れたもののやっぱり不要と判断して処分しているということ。

 

そもそも厳選できていない、ということ。

 

それから、本来は心を痛めるはずの「処分するという行為」にもマヒしてしちゃってました。

 

ちょっと自分を嫌いになりました。

 

これまで頭を使ってきたはずですが、まだまだ足りていない、目標をもっと具体的に決める必要があるのではないかと考えるようになりました。

 

 

f:id:hikaru-sakura-saku:20150916201959j:image

 

 

そもそも自分の理想の生活、理想の自分、から思い描きたいという欲求がでてきました。

 

そこからもっと具体的に、理想のワードローブや理想の食事、理想の自分なんかも考えてみたいな、と。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

私事で恐縮なのですが、学生時代にあるスポーツをやっていた頃のことです。

 

そのころは理想とする選手がいて、たどりつきたい目標があって、練習は四六時中、暇さえあればイメージトレーニングをして・・と具体的なものが自分の中にありました。

そのおかげか、良い成績を残すこともできていました。

 

 

日々の暮らしとスポーツは別物ですが、私は暮らしに対しての具体的なイメージが足りていませんでした。

漠然と、モノは少ないほうがいいな~くらいで。

 

そりゃ、どこに進めばいいか見失うはずですよね。

 

なんで気づかなかったんだろう。

 

ちょっとしばらくの間、自分の理想とする自分の生活、自分自身、について改めて考えていきたいです。

 

 

ではではー。