- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

実は経済的。電動音波ハブラシを使うメリット2つ。

こんにちは、ひかるです!

昨日の記事で愛用品の電動ハブラシのお話をしました。

 

hikaru-sakura-saku.hatenablog.com

 

これ書いてたら無性にその良さを伝えたくなったので、今日はそのことを書きます!!

 

 

ちなみに私が使ってるのはPanasonicのDOLZ(ドルツ)というブランドのもの。

昔のだからNationalです(^^;)

 

f:id:hikaru-sakura-saku:20150728010925j:plain

 


スポンサーリンク
 

 

 

手で磨くより電動歯ブラシの方が良いよ!と思う理由は大きく分けて2つあります。


 

その1、実は経済的だったりする

ハブラシ、毛先が開いたら交換する必要がありますよね。そのままだと歯茎を傷つけたりしますからね(^^)

 

普通の歯ブラシの場合、例えば1か月に1度交換するとして、1本300×12=3600円。1年で3600円、10年で36000円!

今計算してちょっとびっくりしました(^^;

 

私の愛用してるDOLZ(ドルツ)だと、メーカーは3か月に1回の交換を推奨してます。替えブラシのお値段は、モノにもよるけど、山切りカット一般的な形のやつで定価400円くらい。

 

 

これだと1年間のコストは400×4=1600円、10年で16000円。普通の歯ブラシを使い続けるのと比べて半額以下。 Amazonだともっと安く買える。ステキ。

 

そうです、電動歯ブラシは初期投資こそかかりますが、替えブラシを交換する頻度がとても低いのでランニングコストがお安く済んじゃいます。

 

電源を入れれば音波振動で細かく動きますから、磨くときにごしごしと手を動かす必要がないんですね。そのために毛先が開きにくいんでしょうね。これは使ってみて分かったことでした(^^)

 

 

2、とにかくツルツルの綺麗な歯になれる

前の記事にも書きましたが、初めて使った時、本当につるつるってこうなんだー!と仕上がりにびっくりしました。もう本当に衝撃で。

 

あとね、残ってしまった歯垢って睡眠中に増殖しちゃうんです。。。

でも夜のうちにしっかりと汚れを落としておけば、夜に磨いた歯が翌朝ネバついて気持ち悪い~><ということがなくなりました。翌朝もツルツル&スッキリのままです。これだと精神的にもスッキリです(^^)

 

そうそう、デンタルウォッシュを使ってたこともありますが、これも必要ないと気づいたので使わなくなりました。

音波振動ハブラシだけできちんと汚れが落ちるので「さらにスッキリさせる」必要がなくなったんですね。持ち物を減らすことにもつながりました。

 
 

まとめ

・普通の歯ブラシと電動歯ブラシ、10年使うとランニングコストに20000円の差が出る。

・手で磨く場合と比較にならないほど、電動歯ブラシのほうが歯が清潔にできる。

 

 

そうそう、選ぶときは音波振動や超音波振動で動くハブラシが良いです。普通のただ振動するだけの電動歯ブラシよりもちょっとお値段は張りますが、音波が細菌を破壊してくれるので何倍も効果的です(^^)

 

 

私が次に買うとしたら超音波!と行きたいところですが~。調べてみると結構お高い・・2万とかするのもありました。でも「超」ではない音波振動なら 5000円くらいであったので、今のが壊れたらこの辺の価格帯のを買うと思います。

10年前の私の音波振動がちゃんと効果あるので、最近の型落ちでも十分に効果あるはず。

 

 

ちょっと試しに使ってみたいなーという場合はとにかく安いやつで試してみるのも良いかと思います。これだと2000円くらいだから、もし合わなかった場合でもダメージ少ないかもです。個人的にはUV殺菌付っていうのがうれしい機能です(^^)

 

 

 

そうそう、最初にDOLZを使ったときは、お口の中から振動が伝わるせいか、脳ミソがくすぐったくなります(笑) ちょっとだけ変な感じがしますが、すぐに慣れるので頑張って磨いてください!

歯がツルツル~な仕上がりはやみつきですよー(^^)

 

 

*関連記事*

10年以上の愛用品たち カテゴリーの記事一覧 - - 自 在 空 間 -

 

*こんな人が書いてます*

改めましての自己紹介。ミニマリストになりたい専業主婦です。 - - 自 在 空 間 -

 

ではでは!!

 

今日もご覧いただきありがとうございました(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ