- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

【運命の部屋の内覧】ワンルームふたり暮らし夫婦、35平米マンションを購入した理由。

f:id:hikaru-sakura-saku:20150317135121j:plain

 

 

*前回の記事はこちらです!

 

 

週末になり、不動産屋さんのお兄さんと一緒に夫と二人でお目当ての桜マンションへ向かいました。

 

当時はまだ決まってませんでしたが、これが、ワンルームふたり暮らしをしている、

我が家の現在の住まいになります。

 

近くに住んではいたものの、敷地内に入るのは初めてで・・なぜかめっちゃ緊張しました。

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

敷地自体が広く、ゆったりと立てられた建物。

周囲には緑が多く、敷地内にもたくさんの植栽があって、都会なのにちょっとした郊外に来ているような印象がありました。

 

マンションのロビーに入ると、古い建物だけに華やかな印象はないものの極めて清潔に保たれており、管理状態が行き届いてることが素人の私にも分かりました。

 

お部屋に案内されてまず思ったことは・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

古!!

 

(笑)

 

狭い、よりも古い!

 

共有部分は定期的な管理によってきれいでしたが、室内は個人の所有。

まぁ築年数を考えると妥当なのか、室内は思いの外古かったのです。

 

壁も床も、このまま使うことはためらわれる・・

水周りもすべてリフォーム必須な感じ。

 

が、しかーし!

 

狭い部屋に不釣合いなほどに大きな大きな、壁一面の窓。

そこからの眺めが抜群。

 

緑も空も、同じくらいたくさん見える。

 

日当たりも良くてあたたかい。

 

明るい。

 

ここ好き!

 

夫のほうも同じ感想だったようで、「意外といいですねぇ~」と繰り返しています。

テンション低めに見えても、このセリフは気に入っている証拠です。

 

二人とも気に入りはしたものの、何せ狭い部屋なので考えないとならないことも多い。

 

この日はとりあえず、室内の写真を撮らせてもらい、部屋のサイズをざっと測らせてもらって終わりました。

 

そして帰宅後、家族会議が始まります。

 

*ワンルームふたり暮らしを始めるまでの記事一覧はこちら*