- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

【探してたのは2LDK】ワンルームふたり暮らし夫婦、35平米マンションを購入した理由。

 

 

さて、現在はワンルームに二人暮らしの私たちですが、最初は普通に2LDKくらいで探していました。

 

今日は、実際に見にいった物件について、どのような物件だったか、なぜそこに決めなかったのかについて書いてみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

お互いに大体の条件が出揃ったところで、まず、インターネットの住宅サイトなどで大体の相場観を養いました。

 

条件をすべてかなえるにはいくら必要か、予算内で見つけるなら、条件のどこを妥協すればよいか…

 

大体のエリアも絞っていきました。

 

そんな中で興味のある物件を見つけ、内見へ伺いました。

都心からは少し離れていますが、賑わいと人気のあるエリアです。

 

お願いした不動産業者さんは、私たちの希望していた物件のほか、その周辺に2件、ぜんぶで3件の物件を周ってくださいました。

 

が、

 

結論から言うと、全てナシ、でした。

 

では、何がNGだったのか?について書いていきます!

 

 

1件目:駅チカ徒歩2分のヴィンテージ?マンション

最寄り駅から徒歩2分という駅チカ物件。

築年数は30年超、これは私たちには許容範囲。

価格も予算内で、室内は新規リフォーム済み。

 

という、最も条件に近いお部屋でした。

 

しかし・・共用部分の汚れが目立つ。

塗装がハゲていたり、ちいさなゴミが落ちていたり。

ベビーカーや折りたたみ自転車を通路に出しっぱなしの部屋もある。

管理があまり良くない。残念ですがそんな印象でした。

 

不動産屋さんは「ヴィンテージマンションですね~」とか言ってましたが、汚いのはヴィンテージじゃなくてただの中古。

古くても管理のよいマンションは探せばあります。

 

 

2件目:おすすめグリーンビュー?の部屋

次に、緑が見えますよ~と案内されたのは、駅から徒歩10分くらいの低層マンション。

ただ、こちらはまだ内見ができないようで、建物と周辺の雰囲気だけでも、との案内でした。

 

そして不動産屋さんが言っていた「グリーンビュー(緑の見える部屋)」・・

その景色の見える側へ周ってみると、

 

アレ?

木じゃなくてあれは苔じゃ・・?

 

窓から見える風景に絶壁があって、その壁を這うような緑でした。

今になって冷静に思うと苔ではなかったかもですが、空に向かって映えてる木ではありませんでした。山とかとも違う。

ちょっと暗ーい雰囲気もしたため、夫婦一致でナシでした。

 

 

3件目:広くてきれいで見晴らしの良い部屋

駅から徒歩15分、きれいな建物に、きれいな室内。

共有部分もまあ清潔な感じ。

窓からの景色も視界が抜けていて気持ちよかった。

ただ、ここは駅の行き帰りにトンネル的な場所を通らなければいけなくて・・

深夜帰宅も多い夫のことを考えると、ちょっと危ないかなーって思いました。

夫本人もう~ん・・て感じだったのでこちらもナシ。

結果、3件ともナシ。

 

 

実は、今ふたり暮らししているワンルームに出会うまでに、内見をしたのはこの3件だけでした。


運命の部屋に出会ったのは、ここからしばらくしてのことでした。

 

 

 

*ワンルーム二人暮らしを始めるまでの記事一覧はこちら*