- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

【今までに住んだ部屋】ワンルームふたり暮らし夫婦、35平米マンションを購入した理由。

現在ふたり暮らしをしているこのワンルーム。

ここにたどりつくより前に、

私が今まで暮らしてきたいくつかの部屋について書いてみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

実家の自分の部屋は?

初めての自分の部屋!実家は普通の6畳の洋室でした。

収納がなかったのでタンスを置いていました。

子供の頃からベッド派で、部屋にはベッド、机なんかもありました。常に散らかっていました(汗)

 

 

一人暮らし時代の部屋は? その1

大学を卒業してすぐに一人暮らしをしました。

間取りは1DK、広さは24平米ほど。

でも、DKの部分は料理をするときくらいしか使わなかったのと、当時はお金もなかったこともあり、モノを増やす余裕もなく当時の私には広すぎた印象があります。

 

 

一人暮らし時代の部屋は? その2

2つ目の一人暮らし部屋は20平米の1ルームでした。

ミニキッチンと3点ユニットバス、クローゼットがある一般的な単身者用の物件です。

 

この頃は仕事に明け暮れていましたねー。

収入も増えましたが、ストレスもそれなりに増えました。

洋服やバッグを買いまくっていて、モノがどんどん増えました。

 

 

 

ワンルーム二人暮らしの前の部屋は?

前の住まいは2LDK、大体50平米ちょっとのお部屋でした。

急いで見つけてきたためあまり考える間もなく入居しました。リビング以外の一部屋をベッドルーム、もう一部屋を夫の書斎にしていました。

 

以前にもちょこっと触れましたが、この部屋には巨大なクローゼットがあり、コイツがクセモノでした。。

 

洋服を含めた荷物はそこへほぼ収納していたんですけど、収納されてると片付いた気になってしまうもんなんですよね。

中身はというと、使ってないもの、あることを忘れていたもの、がたくさん。

 

断捨離をしながらそれに気付いたときに、「こんなに広い部屋、私(たち)には必要なかったんだ」と素直に思えました。

 

今思うとこのことも、ふたりでワンルームに引越すきっかけになっていた気がします。

 

 

 

 

*関連記事一覧はこちら*

 

 

 

hikaru-sakura-saku.hatenablog.com