読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- 自 在 空 間 -

35平米ワンルーム二人暮らし夫婦。都心の中古マンション在住。断捨離6年目、ミニマリスト志望。

けっきょく私って大したことないんだな、という話。

f:id:hikaru-sakura-saku:20160928010243j:plain

 

 

ちょっと前のこと。

 

某所からとあるオファーをいただいてたのですが、日程的にお受けするのは難しかったため具体的な理由も添えてお断りしていました。

 
 
しかし後日先方より、なるべく配慮するので再考してほしい、と再びのオファー。
光栄な話です。
 
 
それなら無理をしてでも引き受けようと考えなおして返答したところ、今回は別の方にお願いすることになりました、とかなんとか。
 
 
もしも初めて声かけてくれたような相手ならまだ仕方ない。だけど、これまでも何度もオファーをくださっていた相手。
 
 
ぐらっ・・と、これまで積み上げてきた関係が崩れかけた気がしてしまった。
 
 

スポンサーリンク

 

 
 
打診の段階で、初めから無理です、と伝えていた。
それでも良いからと言ってきた。
そこまで言うなら、と了承した。
やっぱり今回は別の人間に依頼します、と。
 
 
都合良く使われてただけだったのかな、と落胆しまして。
 
 
ま、つまるところ、私が迷わず選ばれるほどの人間ではなかったということなんだけども。

 

 

まだまだだな自分、と反省する出来事にもなりました。